◯ 学術論文 (査読あり, 過去5年) (査読なしProceedings、国際・国内学会講演論文などは省略)


1) C. Nakagawa, H. Cho “Effects of Heating and Cooling Cycle on the Shape Memory and Mechanical Characteristics of Tape-shaped Shape Memory Alloy Element” Transactions of the Materials Research Society of Japan, 43 [1] (2018) 19-22.

 

2) T. Akagi, C. Nakagawa, Y. Takeda, H. Cho “Fabrication and Output Power Characteristics of a Pulley-type SMA Heat-engine Including the Idler Wheel with a Cooling System”  Transactions of the Materials Research Society of Japan, 43 [1] (2018) 23-26.

 

3) H. Cho, K. Yamada, T. Okino “New Analytical Method of Interdiffusion Problems” Journal of Modern Physics, Vol.9 No.2 (2018) 130-144.

 

4) T. Okino, H. Cho, K. Yamada, “Fundamental Concept of Interdiffusion Problems” Journal of Modern Physics, Vol.8 No.6 (2017) 904-918.

 

5) C. Nakagawa, H. Fujiki, H. Cho, “Effects of Heat-treatment Temperature on Shape Memory Characteristics of a Tape-shaped Ti-Ni Alloy Element Fabricated by a Centrifugal Casting Method” Transactions of the Materials Research Society of Japan, 42 [3] (2017) 69-72

 

6) H. Fujiki, C. Nakagawa, Y. Takeda, H. Cho, “Fabrication and Output Power Characteristics of a Pulley-type SMA Heat-engine with the Cooling Mechanism Contained in Pulley” Transactions of the Materials Research Society of Japan, 41 [3] (2016) 285-288.

 

7) H. Fujiki, C. Nakagawa, Y. Takeda, H. Cho, “Effects of Aging Time on Shape Memory Characteristics of Tape-Shaped Ti-Ni Alloy Element Fabricated by a Centrifugal Casting Method” Proc. of the 9th Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing (PRICM-9), Kyoto, Japan (2016 August), 874-877.

 

8) S. Narumi, K. Takigawa, H. Cho, “Effects of Surface Smoothness on the Fatigue Characteristics of Ti-50.4at%Ni Shape Memory Alloy Wire”, Transactions of the Materials Research Society of Japan, 40[4] (2015) 379-383.

 

9) T. Morita, Y. Nishimura, H. Fujiki, S. Kishimoto, Y. Takeda, H. Cho, “Fabrication and Output Characteristics of a Belt-Driven Type Heat-Engine Using Shape Memory Alloy Spiral Spring Actuators”, 

Transactions of the Materials Research Society of Japan, 40 [3] (2015) 301-304.

 

10) H. Cho, D. Kotegawa, T. Sakuma, K. Yamauchi, “The Effect of Applied Strain during Repeated Heat-treatment under Constrained Strain on the Mechanical and Shape Memory Properties of Ti-Ni Shape Memory Alloy”,Transactions of the Materials Research Society of Japan, 38 [3] (2013) 427-430.


11) H. Cho, M. Senju, Y. Takeda, T. Yamamoto, T. Sakuma, “The Fabrication and Output Power Characteristics of a Heat-Engine using a Shape Memory Alloy Spiral Spring Actuator”, Transactions of the Materials Research Society of Japan, 38 [3] (2013) 423-426.

 

12) A. Suzuki, T. Yamamoto, H. Cho, T. Sakuma, “Numerical Study on Transformation/Deformation Behavior of Shape Memory Alloy under Mechanical and Thermal Loading in the Uniaxial and Multi-axial Stress State”, Transactions of the Materials Research Society of Japan, 38 [1] (2013) 1-6.


13) H. Cho, T. Yamamoto, A. Suzuki, T. Sakuma, K. Yamauchi, “Effect of Repeated Heat-treatment under Constrained Strain on MechanicalProperties of Ti-Ni Shape Memory Alloy”,Advances in Science and Technology, Vol.78 (2013) 69-74.


14) T. Yamamoto, A. Suzuki, H. Cho, T. Sakuma, “Transformation Behavior of Shape Memory Alloys in Multiaxial Stress State”, Advances in Science and Technology, Vol.78 (2013) 46-51.

◯ 書籍


1) H. Cho, Y. Takeda, T. Sakuma, Advances in Shape Memory Materials, Springer (2017)

“Fabrication and Output Power Characteristics of Heat-Engines Using Tape-Shaped SMA Element” pp.1-15.

 

2)トコトンやさしい形状記憶合金の本, 日刊工業新聞 (2016)

“温水の熱エネルギーで動くエンジン「形状記憶合金熱エンジン」” 

 

3) 長 弘基, 未利用向上排熱の有効活用技術と実用展開,サイエンス&テクノロジー(2014)“形状記憶合金熱エンジンの動作原理と排熱エネルギー回収システムの構想”pp.195-207.

 

4) 佐久間 俊雄, 長 弘基, サーマルマネジメント ~余熱・排熱の制御と有効利用~, 株式会社エヌ・ティー・エス (2013)“低温水駆動の熱エンジン” pp.443-454.


5) H. Cho, S. Miyazaki, Thin Film Shape Memory Alloys, Cambridge University Press (2009) “Ti/Ni multilayer thin films” pp.110-123.


6) 長 弘基, 金 熙榮, 宮崎 修一, 材料開発のための顕微鏡法と応用写真集, 日本金属学会 (2006) 「Ti/Ni積層膜におけるTi/Ni界面組織」p.168.

◯ 総説・解説


1) 長 弘基,佐久間 俊雄, チタン誌, Vol.61 No.4, (2013), “チタン-ニッケル形状記憶合金渦巻きばねアクチュエータを用いた熱エンジンの開発” pp.309-313.

 

2) 長 弘基, 山本 隆栄,竹田 悠二, 佐久間 俊雄,  先進機能材料・先進医療材料としての形状記憶合金の新しい用途開発 (SMAシンポジウム2012), "渦巻きばね型SMAアクチュエータを用いた熱エンジンの試作とその出力特性" pp.22-23.

 

3) 長 弘基, 佐久間 俊雄, 竹田 悠二, "渦巻きばね型SMA素子を用いた熱エンジン用アクチュエータ", 先進機能材料・先進生体材料としての形状記憶合金の新しい用途開発, (2011) pp58-59.

 

4) 長 弘基, 山本 隆栄, 佐久間 俊雄, "形状記憶合金を用いた排熱回収装置の開発", 大分大学ベンチャービジネスラボラトリー年報 (2010) pp.111-115.

 

5) 長 弘基, 2010年度・形状記憶合金に関する講習会予稿集 (社団法人形状記憶合金協会), "抵抗値制御による形状記憶合金アクチュエータの開発と応用展開", pp.12-18.

 

6) 長 弘基, 鈴木 章彦, 佐久間 俊雄, 竹田 悠二, "抵抗値制御による形状記憶合金アクチュエータの位置制御", 先進機能材料・先進生体材料としての形状記憶合金の新しい用途開発, (2009) pp.4-5.

 

7) 佐久間 俊雄, 山本 隆栄, 長 弘基, "形状記憶合金を用いた複合アクチュエータシステムの試作と性能評価", 大分大学ベンチャービジネスラボラトリー年報 (2009) p.92-96.

 

8) 佐久間 俊雄, 長 弘基, "低侵襲医療デバイスの創成とプロセス技術の開発", 大分大学先端医工学研究センター年報 (2008) p.14-17.

◯ 特許


1) 長 弘基, 佐久間 俊雄, “強ひずみ付与下での熱処理によるTi-Ni系形状記憶合金の形状記憶処理方法”, 特願2012-203352, 平成24年9月14日.


2) 長 弘基, 佐久間 俊雄, 山本 隆栄, “ゼンマイばね型SMAを利用した小型可変圧・流量ポンプ”, 特願2010-213684, 平成22年9月24日.


3) 佐久間 俊雄, 長 弘基, 山本 隆栄, “SMA熱エンジンとそれを利用したSMA式発電装置” ,特願2010-52512, 平成22年3月10日.

◯ 研究助成金


1) 科学研究費補助金(若手研究(B)) “形状記憶合金の機能劣化抑制技術および布状アクチュエータ制御システムの構築” , 代表 (2016~2018).

 

2) 一般財団法人前川報恩会 平成27 年度学術研究 “小型・高出力な強制冷却プーリー型形状記憶合金熱エンジン開発のための冷却機構の研究開発” , 代表 (2015~2016).

 

3) 公益財団法人北九州産業学術推進機構 平成27年度新成長戦略推進研究開発事業(シーズ創出・実用性検証事業), “形状記憶合金メッシュによるシート状アクチュエータ素材の開発” , 代表 (2015-2016).

 

4) 北九州市立大学 環境技術研究所 萌芽・リサーチプロジェクト," 形状記憶合金を用いた遊星駆動式SMA熱エンジンの研究", 代表 (2014-2015).

 

5) 財団法人JKA平成26年度自転車等機械工業振興事業補助金 「渦巻きばね型形状記憶合金素子を用いた貯世加熱型低温排熱回収機構の開発事業」, 代表(2014-2015)

 

6) 北九州市立大学 環境技術研究所 萌芽・リサーチプロジェクト,"形状記憶合金を用いた低温排熱回収装置の開発", 代表 (2013-2014).


7) 2012年度公益財団法人 日揮・実吉奨学会研究助成金, "自己拡張型Ti-Ni形状記憶合金ステントの製作過程最適化", 代表 (2012-2013)


8) 科学研究費補助金(若手研究(B)), "形状記憶合金リボン材の高疲労強度化技術の構築と温熱排水用熱エンジンの開発" ,代表 (2012-2014).


9) 科学研究費補助金(基盤研究(C)), "形状記憶合金を用いた位置およびトルク制御システムの構築と設計支援ツールの開発", 分担 (2012-2014).


10) 財団法人JKA平成24年度自転車等機械工業振興事業補助金, "低温排熱回収機構開発補助事業", 代表(2011-2012)


11) 科学研究費補助金(基盤研究(C)), "形状記憶合金の温度応答性向上技術の構築と3次元位置制御システムの試作", 分担 (2008-2009).


12) 筑波大学21世紀COEプログラム自発的研究支援制度, "Ti/Ni積層膜の合金化過程と形状記憶特", 代表 (2005-2006)

◯ 受賞


1) 筑波大学学長表彰受賞 (2003)


2) 第14回日本MRS学術シンポジウム奨励賞受賞 (2002)